沖縄ダイビングで泳ぎのコツ

沖縄ダイビングでシュノーケリングをすることにはやはり泳ぎのコツが出てきます。

水に慣れていない人はやはり怖がってしまいます、次第に慣れてきますが初めては恐怖など出てきて目が開けれないなど出てくるでしょう、ゴーグルがあるので目を開けても良いですがやはり癖で目をつぶっていまいがちですね。

またこれが大事ですが呼吸法です、シュノーケリングは海面を見ながら呼吸は筒でしますのでこれに慣れないと息が持ちません、うまく呼吸できるように練習しておくのがベストですね。

また海水が入ってくることがあるのですがそのままでは呼吸がしにくいですのでコツとしては思い切り息を吐いて海水を吐き出す感覚を覚えておくと良いでしょう。

これらができると少しばかり泳ぎに慣れていきますがやはり泳ぎにもコツが有るのです、沖縄ダイビングでは足にヒレを付けると思います。

ダイビングフィンとも呼ばれているもので水の中を泳ぐにはこれで水を掻くことで進みます、魚のヒレに当たる部分だと思っていればよくこれで推進力を得て海中を泳げるようになるのです。

このコツを覚えることが上達の秘訣ですね、しばらく呼吸法と泳ぎのコツを体に慣れ親しむことでダイビングの面白さが出てくるでしょう、上達すればかなり長く泳ぐことが可能になるので覚えておくと良いでしょう。

沖縄のダイビングはこれで始めるきっかけになるでしょう。