スケールの大きな沖縄マリンスポーツ

沖縄の雄大な自然の元行うマリンスポーツは、日本の他のエリアで行うものよりも、スケールが大きくなるのが特徴です。沖縄という舞台の全体が、水族館やテーマパークのような性質を持つがゆえにです。一度ボートをこぎ出せば、日本の海とは思えないような神秘的な青さと透明感を味わえたり、ただの磯遊びの最中に偶然ウミガメと出会うような体験は、沖縄をおいて他にはできません。

沖縄でのマリンスポーツを盛り上げるのは、人でもなくアトラクションでもなく自然です。種も仕掛けもない、それを疑うことも難しいほどの規模をもって、圧倒的な魅力で自然は訪れる人間を楽しませてくれます。シュノーケリングで少しばかり海を漂うだけでも、目に鮮やかなサンゴ礁や熱帯魚を見、生き物たちの生活に直に触れられる、沖縄の自然の大盤振る舞いは世界でも比類のないレベルです。

エンターテイメントとして作られたテーマパークとは違い、ありのままの自然を対象とするマリンスポーツでは、時に味気なさのようなものを感じることが少なくありません。生き物との接触がその目的の一つとなる、シュノーケリングやダイビングといったものは特に、状況によってはせっかく海に出ていっても、ただ海水浴をしただけという結果に終わることもあります。

海の生物と出会えるかは運次第、しかしそんな現実も、沖縄ダイビングには当てはまらないものです。沖縄ダイビングスポットには、いつでも魚たちの姿が溢れています。